児童養護施設 若草寮

若草寮からのお知らせ

INFORMATION

2021.12.26

採用情報

児童養護施設で働くためにはどんな資格が必要?

児童養護施設への就職をお考えの方の中には、働くためにどんな資格が必要になるのか、気になる方もいらっしゃると思います。

この記事では、東京都の児童養護施設を例にして職種の一部と必要な資格について説明します。

若草寮では現在、下記の職種の人が働いています。

施設長:1名
主任(家庭支援専門相談員):1名
児童支援員:22名(うち育児休業中1名)
家庭支援専門相談員:2名
個別対応職員:1名
心理療法担当職員:2名(うち非常勤1名)
治療指導担当職員:1名
自立支援コーディネーター:1名
自立支援担当職員:1名
里親支援専門相談員:1名
職業指導員:1名
事務:2名
総務:1名
栄養士:1名
調理員:2名
計40名 (令和4年4月1日更新)

このように様々な職種があり、5年間の実務経験を積むことが資格要件となる職種もあれば、栄養士や心理士など入職時に資格が必要とされる職種もあります。

チャボナビ「社会的養護施設で働くための必要資格」も参考にして下さい。
https://chabonavi.jp/column/4

 

児童指導員として働くために必要となる資格について

児童指導員を始めとする直接子どもたちに関わる職員には配置基準が定められており、施設の規模に応じた必要人数が決められています。

若草寮では“児童支援員”という名称を用いていますが、以下の資格をお持ちの方を児童支援員として採用しています。

・保育士
・教員免許(幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校または中等教育学校の教諭の免許状)
・社会福祉士
・精神保健福祉士
・児童指導員

現時点で上記の資格を持っていなくても、社会福祉学、心理学、教育学、社会学を専攻して大学・大学院を卒業されている/または卒業予定の方には、児童指導員任用資格が認められます。

また上記の資格を有していない方も、求人にご応募頂くことが可能です。

働きながら資格を取得される方もいらっしゃいますので、まずはお気軽に見学にいらしてください。

募集要項はこちら
https://wakakusaryo.or.jp/recruit/entry/

関連のお知らせ

RELATED NOTICE